無料ブログはココログ

« ヴァレリー・プレイム・ウィルソン『フェア・ゲーム アメリカ国家に裏切られた元CIA女性スパイの告白』ブックマン社 | トップページ | G・ガルシア=マルケス「三度目の諦め」 »

アガサ・クリスティー『エッジウェア卿の死』早川書房

あらすじ…エッジウェア卿が殺された。最有力の容疑者は彼の妻で映画女優のジェーン・ウィルキンスンだったが、彼女には鉄壁のアリバイがあった。

 エルキュール・ポアロがアリバイ崩しに挑むのかと思いきや、実は替え玉がいて…と思ったら実は…と、逆転のコンボを決めてきました。
 これ以上書くとネタバレになるので伏せておきます。それから本書の最後に掲載されている犯人の手記に付いての感想を少々。
 こいつ…罪の意識や反省の念がないぞ。ネタバレ防止のため詳細は伏せますが、実にアッケラカンと犯行の経緯を述べています。もしも裁判でこれが証拠に採用されたら、陪審員の心象は相当悪くなっていたでしょう。

【参考文献】
アガサ・クリスティー『エッジウェア卿の死』早川書房

« ヴァレリー・プレイム・ウィルソン『フェア・ゲーム アメリカ国家に裏切られた元CIA女性スパイの告白』ブックマン社 | トップページ | G・ガルシア=マルケス「三度目の諦め」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47962205

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー『エッジウェア卿の死』早川書房:

« ヴァレリー・プレイム・ウィルソン『フェア・ゲーム アメリカ国家に裏切られた元CIA女性スパイの告白』ブックマン社 | トップページ | G・ガルシア=マルケス「三度目の諦め」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31