無料ブログはココログ

« G・ガルシア=マルケス「落葉」 | トップページ | アガサ・クリスティー『雲をつかむ死』早川書房 »

G・ガルシア=マルケス「マコンドに降る雨を見たイサベルの独白」

あらすじ…日曜日に降り始めた雨はやむことなく降り続けやがて豪雨となる。家が浸水する中、イサベルは距離と時間の感覚を失う。

 おやおや、この設定はどこかで見たことあるぞと思ったら、巻末の解説にこんな文章がありました。

 「マコンドに降る雨を見たイサベルの独白」は、もともと『落葉』の一章をなすエピソードとして構想されたものだが、友人の説得により『落葉』から削除され、独立したかたちで一九五二年に『エル・エラルド』紙に掲載された。(P331)

 なるほど、道理で「落葉」と共通するところが多いなと思ったら根は同じでしたか。それならば、「落葉」を読み終えた後で「落葉」の余韻を味わいたい時にこの「マコンドに降る雨を見たイサベルの独白」を読めばいいし、あるいは独立した形なのだから、こちらだけを読んでもそれはそれで構わないのでしょう。(ただし、大学生がレポートを書く場合には両作品のみならず他の「マコンドもの」にも目を通しておく必要があるでしょうけどね!)

【参考文献】
G・ガルシア=マルケス『落葉 他12篇』新潮社

« G・ガルシア=マルケス「落葉」 | トップページ | アガサ・クリスティー『雲をつかむ死』早川書房 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47962301

この記事へのトラックバック一覧です: G・ガルシア=マルケス「マコンドに降る雨を見たイサベルの独白」:

« G・ガルシア=マルケス「落葉」 | トップページ | アガサ・クリスティー『雲をつかむ死』早川書房 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31