無料ブログはココログ

« カレル・チャペック「小麦」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「二壜の調味料」 »

ロード・ダンセイニ「不運の犠牲者」

あらすじ…二人の小悪党が老人宅に盗みに入るが失敗して捕まる。

 二人の泥棒はモースンと「おれ」で、「おれ」の視点で事件が語られます。
 ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、この犯行がなぜ失敗してしまったのかというと、「おれは照明を点けた」(P192)ことが原因となっています。語り手の「おれ」は「おれこそ不運の犠牲者だ」(P189)と言っていますが、実は不運の犠牲者は、あんなうっかりミスを犯した「おれ」を相棒にしたモースンの方じゃないかと思えてきます。

【参考文献】
ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』早川書房

« カレル・チャペック「小麦」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「二壜の調味料」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47376417

この記事へのトラックバック一覧です: ロード・ダンセイニ「不運の犠牲者」:

« カレル・チャペック「小麦」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「二壜の調味料」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31