無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー『邪悪の家』早川書房 | トップページ | J.L.ボルヘス「死とコンパス」 »

J.L.ボルヘス「バベルの図書館」

 宇宙的な広がりを持つ図書館について述べたもの。もちろんボルヘス流の幻想世界の図書館です。
 ところで、図書館の中のとある本がどんな言語で書かれていたのかについて調査がなされると、以下のことがわかりました。

 それは、古典アラビア語の語尾変化を有する、グアラニー語のサモイエド=リトアニア方言であった。(P108)

 古典アラビア語は中東の言語、グアラニー語は註によれば南米インディオの言語の一つ、サモイエドは知りませんがリトアニア語は北欧の言語と、バラバラすぎます。ぶっちゃけて言うと出鱈目です。
 この出鱈目っぷりは、他の部分も厳密に調べていくとぞろぞろ出てくるかもしれませんな。

【参考文献】
J.L.ボルヘス『伝奇集』岩波書店

« アガサ・クリスティー『邪悪の家』早川書房 | トップページ | J.L.ボルヘス「死とコンパス」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47375951

この記事へのトラックバック一覧です: J.L.ボルヘス「バベルの図書館」:

« アガサ・クリスティー『邪悪の家』早川書房 | トップページ | J.L.ボルヘス「死とコンパス」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31