無料ブログはココログ

« カレル・チャペック「貴族階級」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「新しい名人」 »

ロード・ダンセイニ「疑惑の殺人」

あらすじ…殺人犯アルバート・メリットに惚れ込み、メリットが無罪判決を得た後に彼と結婚したものの、消息不明となったエイミー・コッティン。エイミーの友人(♂)が心配して彼女を捜すが、見つかったのは彼女の日記だった。

 英会話学校講師リンゼイ・アンホーカーさん殺害事件の裁判でも、市橋達也被告のファンを称する女性たち(市橋ガールズ)がいましたが、ダンセイニのイギリスにもこういうバカ女がいるんですねえ。
 しかも、エイミーの日記中に「二人の女が彼にプロポーズした」(P147)とあるので、このテの女が三人以上いるということになります。

【参考文献】
ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』早川書房

« カレル・チャペック「貴族階級」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「新しい名人」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロード・ダンセイニ「疑惑の殺人」:

« カレル・チャペック「貴族階級」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「新しい名人」 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29