無料ブログはココログ

« J.L.ボルヘス「バベルの図書館」 | トップページ | J.L.ボルヘス「結末」 »

J.L.ボルヘス「死とコンパス」

あらすじ…北ホテルの一室でユダヤの立法学者ヤルモリンスキー博士が殺された。エリック・レンロット捜査官は、事件はヘブライ学と関係があるとにらむ。

 突っ込みどころを一つ。レンロットはトリスト=ル=ロワの別荘へたった一人で行っています。しかもその際に、そこへ行くとは告げないで。せめて行き先を同僚か上司に言っておけば、自分が消されてもそれが犯人逮捕の手がかりにはなったでしょうに。

【参考文献】
J.L.ボルヘス『伝奇集』岩波書店

« J.L.ボルヘス「バベルの図書館」 | トップページ | J.L.ボルヘス「結末」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47375980

この記事へのトラックバック一覧です: J.L.ボルヘス「死とコンパス」:

« J.L.ボルヘス「バベルの図書館」 | トップページ | J.L.ボルヘス「結末」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31