無料ブログはココログ

« ロード・ダンセイニ「手がかり」 | トップページ | 出不精探偵リンリー »

ロード・ダンセイニ「一度でたくさん」

あらすじ…第二次世界大戦後。殺人鬼スティーガーがまたもや小金持ちの妻を殺して財産を奪ったらしい。しかも、整形手術で顔を完全に変えているものと思われる。そこでリンリーは一計を案じて、チャリング・クロス駅でスティーガーを待ち受けることにする。

 「二壜の調味料」「スラッガー巡査の射殺」「第二戦線」で登場したスティーガーがまたもや立ちはだかります。
 まだ野放しにされていたのか! 最初の妻殺しと巡査殺しは証拠がない(スコットランド・ヤードは見つけられなかった)からともかくとして、ドイツのスパイになった件はどうなったんだ?
 「クリークブルートの変装」で「スコットランド・ヤードはドイツ人スパイを泳がせておくのが好き」(P106)とあるから、スティーガーも同様に泳がせておいたのかもしれません。そのうちドイツが負けてスパイを失業し、金がなくなったスティーガーは過去に成功した犯罪を繰り返した、といったところでしょうか。

【参考文献】
ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』早川書房

« ロード・ダンセイニ「手がかり」 | トップページ | 出不精探偵リンリー »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/47376778

この記事へのトラックバック一覧です: ロード・ダンセイニ「一度でたくさん」:

« ロード・ダンセイニ「手がかり」 | トップページ | 出不精探偵リンリー »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31