無料ブログはココログ

« ロード・ダンセイニ「成れの果て」 | トップページ | ボルヘス「アレフ」 »

Triino[トリーノ]2012 Summer vol.23

 日本野鳥の会が発行するフリーマガジン。
 本誌の中の記事「ツバメが直面する危機」(P18-19,文=山本裕)では、原発被災地の南相馬市、飯舘村、相馬市のツバメの棲息状況を調査・レポートしています。

 

今回の取材の結果、制限区域内のツバメの数は極端に少なく、その原因としては、放射性物質の影響で広い範囲で水田が放棄地をなっていること、また人が住まなくなったため、カラスなどの天敵に襲われやすくなっていることなどの現状が確認できました。(P19)

 なるほど、ということはツバメの繁栄は人間社会に依存しているわけですか。とはいえ、ツバメは害虫を食べてくれるため、人間とは共生関係にあるともいえます。
 野鳥に詳しい人ならば、私の感想を読んで「何を今さら」の感があるかもしれませんが、詳しくない者の一人として所感を述べさせてもらいました。

Toriino

http://www.wbsj.org/

« ロード・ダンセイニ「成れの果て」 | トップページ | ボルヘス「アレフ」 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/46962930

この記事へのトラックバック一覧です: Triino[トリーノ]2012 Summer vol.23:

« ロード・ダンセイニ「成れの果て」 | トップページ | ボルヘス「アレフ」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30