無料ブログはココログ

« サテリコン(1969年、伊仏) | トップページ | ロード・ダンセイニ「パンの墓碑」 »

ロード・ダンセイニ「パンの死」

あらすじ…ロンドンから来た旅人たちは、アルカディアの野に横たわるパンを見て彼の死を嘆き悲しむ。だが、アルカディアの乙女らの笑い声が聞こえると、パンは跳ね起きる。

 何だ、寝てただけじゃん!
 尚、この作品の主人公・パンは食べ物のパン(bread)ではなく、アルカディアの牧神パン(Pan)です。お間違えのないように。
 ちなみに、パンはニンフのシュリンクスを追いかけるというエピソードがあり、好色という特徴を持っています。乙女の笑い声に反応したのもその好色さゆえでしょうか。

【参考文献】
ロード・ダンセイニ『最後の夢の物語』河出書房新社

« サテリコン(1969年、伊仏) | トップページ | ロード・ダンセイニ「パンの墓碑」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロード・ダンセイニ「パンの死」:

« サテリコン(1969年、伊仏) | トップページ | ロード・ダンセイニ「パンの墓碑」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31