無料ブログはココログ

« 山本周五郎「殺生谷の鬼火」 | トップページ | 山本周五郎「天狗岩の殺人魔」 »

山本周五郎「亡霊ホテル」

あらすじ…伊藤豊治青年は、宿泊先のホテルで、ボーイから幽霊が出現する部屋の話を聞く。その日の夕方、豊治の妹みどりが豊治の部屋を訪れるが、行方不明になってしまう。

 幽霊騒ぎでホテルの一室に誰も寄り付かなくさせ、その部屋で実は…って、ホテル側はよく気付かなかったものですな。息を殺して潜伏するだけならまだしも、部屋のとある場所を勝手に改造しちゃっています。いつの間に、どうやって改造したんだ?

【参考文献】
末國善己[編]『山本周五郎探偵小説全集1 少年探偵・春田龍介』作品社

« 山本周五郎「殺生谷の鬼火」 | トップページ | 山本周五郎「天狗岩の殺人魔」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/46963105

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「亡霊ホテル」:

« 山本周五郎「殺生谷の鬼火」 | トップページ | 山本周五郎「天狗岩の殺人魔」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31