無料ブログはココログ

« ロード・ダンセイニ「不死鳥を食べた男」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「あいびきの約束」 »

ロード・ダンセイニ「老人の話」

あらすじ…オハンラハンという人物の案内で湿地へ狩りに出かけた時、オハンラハンから鮮やかな緑の茂みを踏むなと警告を受ける。その理由を訊ねると、その先に妖精王の宮殿があるという。

 妖精王の宮殿へ行くと、エールを飲ませてくれて、更に地上に戻してくれます。それだけならまだいいのですが、浮き上がってみると「実は百年もの歳月が過ぎているか、もっとはるかに長い歳月が過ぎているのだ」(P229)とのこと。
 これは浦島効果ですな。昔話「浦島太郎」によって日本人の間に広く知られている浦島効果が、アイルランドにもあるのだということがわかります。

【参考文献】
ロード・ダンセイニ『最後の夢の物語』河出書房新社

« ロード・ダンセイニ「不死鳥を食べた男」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「あいびきの約束」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/46962817

この記事へのトラックバック一覧です: ロード・ダンセイニ「老人の話」:

« ロード・ダンセイニ「不死鳥を食べた男」 | トップページ | ロード・ダンセイニ「あいびきの約束」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31