無料ブログはココログ

« 滝口康彦「異聞浪人記」 | トップページ | 十三人の刺客(2010年、日本) »

滝口康彦「謀殺」

あらすじ…竜造寺隆信は筑後柳川城主・蒲池鎮並を自領に招いて騙まし討ちにしようとする。西岡美濃は正直者であったが、仕方なく説得の使者を引き受ける。だが、蒲池鎮並は竜造寺隆信の意図を見抜いていて…。

 蒲池鎮並(かまちしげなみ)について少々調べてみると、「蒲池鎮漣」と表記するのが一般的らしく、wikipediaの記事は「蒲池鎮漣」という項目で書かれていました。ちなみにその記事にはその後の展開(竜造寺隆信の元へ向かった蒲池一行の末路)も書かれていますが、一言で言うと皆殺しです。
 まあ、戦国時代ならこういった謀殺は珍しくありません(例:宇喜多直家、松永久秀)。

【参考文献】
滝口康彦『一命』講談社

« 滝口康彦「異聞浪人記」 | トップページ | 十三人の刺客(2010年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/46480205

この記事へのトラックバック一覧です: 滝口康彦「謀殺」:

« 滝口康彦「異聞浪人記」 | トップページ | 十三人の刺客(2010年、日本) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30