無料ブログはココログ

« カフカ「父の気がかり」 | トップページ | 加藤廣「神君家康の密書」 »

カフカ「バケツの騎士」

あらすじ…素寒貧の男が厳寒を乗り切るために、バケツに乗って石炭屋から石炭を貰いにいく。だが、石炭屋の女房の機転で追い返される。

 「石炭屋のおやじは耳に手をそえた」」(P173)とあることから、耳が遠いらしいし、目もあまりよろしくないようです。もしも目がいいのなら、声のした方を見ようとするはずですが、それをしていません。
 一方、女房は、やってきたのが払う当てのない人間だと見て取って、相手にしなかったのでしょう。

【参考文献】
カフカ『カフカ短篇集』岩波書店

« カフカ「父の気がかり」 | トップページ | 加藤廣「神君家康の密書」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カフカ「バケツの騎士」:

« カフカ「父の気がかり」 | トップページ | 加藤廣「神君家康の密書」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31