無料ブログはココログ

« カフカ「こま」 | トップページ | カフカ「プロメテウス」 »

カフカ「町の紋章」

あらすじ…バベルの塔を造るために人々が集まって町を建設するが、世代が経るに従って、天まで届く塔を建てることの無意味が知れ渡ってしまい、塔の建設は中止となり、町が残る。

 いやいや、バベルの塔にだってそれなりの意味がありますぞ。神に挑戦しようという人間の傲慢さの表われという意味が。あ、でも、それはバベルの塔が神に打ち砕かれないと人間は気付きませんね。

【参考文献】
カフカ『カフカ短篇集』岩波書店

« カフカ「こま」 | トップページ | カフカ「プロメテウス」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/46162269

この記事へのトラックバック一覧です: カフカ「町の紋章」:

« カフカ「こま」 | トップページ | カフカ「プロメテウス」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31