無料ブログはココログ

« 都筑道夫「宇宙大密室」 | トップページ | リチャード・マシスン「リアル・スティール」 »

都筑道夫「カジノ・コワイアル」

あらすじ…イギリスの諜報員ジェームズ・ピンチがカジノへやって来て、バーカウンターでミルクセーキを飲んでいると、隣に美女がやって来る。

 映画「007 カジノ・ロワイヤル」のパロディじゃないかと思いましたが、そもそも私にはこの映画作品を観た記憶がない(テレビの地上波放送で視聴したかもしれないが、だとしてもストーリーを全く思い出せない)。ところが巻末の初出一覧をチェックしてみたら、

「カジノ・コワイアル」エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン(早川書房刊)一九六四年十二月号「000奇々怪々」改題(P517)

 とあるので、カジノ・ロワイヤルのパロディとして書かれたものではありません。007のパロディではありますが。

 それはさておき、本作の特徴は本家以上のドンデン返しに次ぐ大ドンデン返しの連続。あまりにドンデン返しが続くので最初と最後で設定に矛盾が出てきているんじゃないかと思えるほどです。どこがどう矛盾するのかという考察は面倒臭いし馬鹿馬鹿しいのでしません。これはそういう作品なのですから。

【参考文献】
都筑道夫『宇宙大密室』創元社

« 都筑道夫「宇宙大密室」 | トップページ | リチャード・マシスン「リアル・スティール」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45712407

この記事へのトラックバック一覧です: 都筑道夫「カジノ・コワイアル」:

« 都筑道夫「宇宙大密室」 | トップページ | リチャード・マシスン「リアル・スティール」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31