無料ブログはココログ

« オースチン・フリーマン「青いスパンコール」 | トップページ | リチャード・マシスン「レミング」 »

西岸良平「江ノ電沿線殺人事件」

あらすじ…由比ヶ浜の画家・野田大観が殺された。容疑者として丸山狂児が浮上するが、彼にはアリバイがあった。鎌倉警察署特捜課の特別顧問・一式正和が丸山のアリバイ崩しに挑む。

 マンガ作品。絵柄が「三丁目の夕日」なので緊迫感がない。
 ちなみに、アリバイのトリックはそれほど難しいものではなく、初心者向けといったところです。ネタバレ防止のために伏せておきますが、途中まで読んできて、あまり深く考えもせずに「大体こんな手口だろうな」と思っていたら当たりましたからね。

【参考文献】
有栖川有栖『有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー』角川書店

« オースチン・フリーマン「青いスパンコール」 | トップページ | リチャード・マシスン「レミング」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45712343

この記事へのトラックバック一覧です: 西岸良平「江ノ電沿線殺人事件」:

« オースチン・フリーマン「青いスパンコール」 | トップページ | リチャード・マシスン「レミング」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30