無料ブログはココログ

« 都筑道夫「カジノ・コワイアル」 | トップページ | リチャード・マシスン「征服者」 »

リチャード・マシスン「リアル・スティール」

あらすじ…かつては“鋼鉄”と呼ばれたおちぶれたボクサーが、男の誇りをかけて一世一代の大勝負ロボットファイトに挑む(参考文献の裏表紙の紹介文より引用)

 映画「リアル・スティール」(スティーブン・スピルバーグ製作)の原作。
 私は映画の方は未見だし、本作の結末もネタバレ防止のために明かすわけにはいかないから、そのあたりのことについては言及できないのですが、感じたことを一つだけ述べさせてもらいます。
 過去の栄光が忘れられず、みじめな負け犬生活を続けてそれでもしがみつく…これはミッキー・ローク主演の映画「レスラー」(こちらも未見だが、町山智宏氏の解説を聞いてストーリーを少々知っている)やSASUKEの山田某に通じるものがあります。

(追記)少々調べてみたところ、映画と原作とでは別物と思えるくらい改変されています。ご注意を。

【参考文献】
リチャード・マシスン『リアル・スティール』角川書店

« 都筑道夫「カジノ・コワイアル」 | トップページ | リチャード・マシスン「征服者」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45712462

この記事へのトラックバック一覧です: リチャード・マシスン「リアル・スティール」:

« 都筑道夫「カジノ・コワイアル」 | トップページ | リチャード・マシスン「征服者」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30