無料ブログはココログ

« 川端康成「笑わぬ男」 | トップページ | 川端康成「喧嘩」 »

川端康成「死面」

あらすじ…恋多き女性が最後の恋人に看取られながら死ぬ。通夜に一人の美術家がやってきて死面(デス・マスク)を取り持ち帰る。恋人は嫉妬に駆られて死面を奪いに行くが…。

 どうやらこの美術家も、あの女性の何番目かの恋人で、まだ未練があったようです。
 しかし、そのデスマスクは「男だか女だかも分りゃし」(P395)ないシロモノで、それを見た二人の男は恋の熱情から醒めました。最後の恋人は「胸の火が消えたような声」(P395)になり、美術家は「沈んだ顔」(P395)になっていることでそれがわかります。

【参考文献】
川端康成『掌の小説』新潮社

« 川端康成「笑わぬ男」 | トップページ | 川端康成「喧嘩」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45393814

この記事へのトラックバック一覧です: 川端康成「死面」:

« 川端康成「笑わぬ男」 | トップページ | 川端康成「喧嘩」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31