無料ブログはココログ

« 川端康成「三等待合室」 | トップページ | 川端康成「死面」 »

川端康成「笑わぬ男」

あらすじ…京都の映画撮影で、ラストシーンを笑いの仮面を使ったものに急遽変更するが、イメージ通りの仮面が集まらずに苦慮する。

 「一週間ばかりも徹夜の夜間撮影が続いていた」(P270)中での変更ですからね。いくらいい映画を作るためとはいえ現場は大変ですな。
 しかしながら、借り物の面を汚してしまった時に作者が
「それじゃ僕が買っときましょう。」(P274)
 と申し出たのは、言いだしっぺの責任を果たしたと言えるでしょう。

【参考文献】
川端康成『掌の小説』新潮社

« 川端康成「三等待合室」 | トップページ | 川端康成「死面」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45393803

この記事へのトラックバック一覧です: 川端康成「笑わぬ男」:

« 川端康成「三等待合室」 | トップページ | 川端康成「死面」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31