無料ブログはココログ

« 川端康成「喧嘩」 | トップページ | デヴィッド・ニコル『エル・シッドとレコンキスタ 1050-1492 キリスト教とイスラム教の相克』新紀元社 »

川端康成「雪」

あらすじ…野田三吉は正月三が日にホテルにこもって幻を見る。

 「疲労の底にひきこまれて、頭がしびれてしまうところから、幻が浮びはじめる」(P545)とあることから、おそらく脳内麻薬でも分泌しているのでしょう。変なクスリをキメて幻覚を見るよりは幾らか健康的ですな。

【参考文献】
川端康成『掌の小説』新潮社

« 川端康成「喧嘩」 | トップページ | デヴィッド・ニコル『エル・シッドとレコンキスタ 1050-1492 キリスト教とイスラム教の相克』新紀元社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川端康成「雪」:

« 川端康成「喧嘩」 | トップページ | デヴィッド・ニコル『エル・シッドとレコンキスタ 1050-1492 キリスト教とイスラム教の相克』新紀元社 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31