無料ブログはココログ

« 渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」 | トップページ | 渡辺温「鏡」 »

渡辺温「若き兵士」

あらすじ…若い兵士が起き出して演習場へ向かう。

 兵士たちが徒歩で移動中に「遠い空で銃声が響く」(P333)とあることから、別の部隊が既に演習場に到着して演習を始めていることがわかります。
 だとすると、「若者たちの血は猛烈な勢を以て嵐の如く五体をかけめぐり初める」(P333)というのは、「他の部隊にゃ負けちゃいられねえ!」といった類の競争心にかきたてられたのでしょう。

【参考文献】
渡辺温『渡辺温全集 アンドロギュノスの裔』創元社

« 渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」 | トップページ | 渡辺温「鏡」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺温「若き兵士」:

« 渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」 | トップページ | 渡辺温「鏡」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31