無料ブログはココログ

« 渡辺温「シルクハット」 | トップページ | 渡辺温「若き兵士」 »

渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」

あらすじ…アレキサンダー君と一緒に横浜で遊んで女を買う。

『君、病気なんだね。肺病だろう?』
『ごめんなさいね――あたし、死ぬかもわからない』
『いいよ、いいよ。君が死ねば、僕だって死ぬよ』
(P172)

 あれ? この会話に激しく既視感が…と思ったら、先刻読んだばかりの「シルクハット」で似たような会話がありましたっけ。使い回しってやつですかね? とりあえず、比較のために引用してみます。

「声がおかしいね。呼吸病かしら?」
「ええ。だから助からないわね。あなた、そんな病気の女、おいやでしょう?」女は、私の髪の毛を細い指の間にからませながら、そう訊き返した。
「君が、死ぬなら、僕も一緒に死ぬよ。」と私は答えた。
(「シルクハット」P132)

 他にも、自分は華族だと嘘をつくところとか、ベッドインの前に酒を飲んで踊るなど、共通点を見出すことができます。

【参考文献】
渡辺温『渡辺温全集 アンドロギュノスの裔』創元社

« 渡辺温「シルクハット」 | トップページ | 渡辺温「若き兵士」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45192271

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」:

« 渡辺温「シルクハット」 | トップページ | 渡辺温「若き兵士」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31