無料ブログはココログ

« コナン・ドイル「火あそび」 | トップページ | 渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」 »

渡辺温「シルクハット」

あらすじ…給料日にシルクハットを買って娼婦とよろしくやるが、後でその女が「かさかき」だと知って涙する。

 かさかき? 知らない単語が出てきたので調べてみると、「かさ-かき【瘡掻き】皮膚病にかかった人。特に、梅毒患者。」(広辞苑)とあるので、要するにあの女から梅毒をうつされたということですか。
 今だったら、梅毒じゃなくてエイズになるんでしょうかね。

【参考文献】
渡辺温『渡辺温全集 アンドロギュノスの裔』創元社

« コナン・ドイル「火あそび」 | トップページ | 渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45192248

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺温「シルクハット」:

« コナン・ドイル「火あそび」 | トップページ | 渡辺温「ああ華族様だよと私は嘘を吐くのであった」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31