無料ブログはココログ

« 隆慶一郎「柳枝の剣」 | トップページ | リチャード・マシスン「おれの夢の女」 »

森鴎外「追儺」

あらすじ…作者(森鴎外)は、M.F.君(福沢桃介)から、築地の料亭・新喜楽に招待される。早めに到着して待っていると、豆打ちが行われる。

 前半は何を書こうかと迷走気味です。例えばカーニバルについてちょっと書いた後、

 これは高慢らしい事を書いた。こんな事を書くはずではなかった。しかしままよ。一旦書いたものだから消さずに置こう。(P148)

 なんて述べています。
 漫画家が、ネタが出ないで苦しんでいるさまをネタにすることがありますが、これも似たようなところがあります。
 それでようやく話らしい話が出てきたと思ったら、さして面白い展開も見せずに「話はこれだけである」(P154)と終わらせています。つまらん。
 しかしながら、書くネタが思い浮かばなくて悶々とする気持ちは、ブログの執筆者として理解できますし、こうして駄作が生み出されてしまうのもやむを得ないと言えなくもない。まあ、私のレビューは森鴎外の諸作品と違って駄作が多いですがね。

【参考文献】
『舞姫 ヰタ・セクスアリス 森鴎外全集1』筑摩書房

« 隆慶一郎「柳枝の剣」 | トップページ | リチャード・マシスン「おれの夢の女」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44989828

この記事へのトラックバック一覧です: 森鴎外「追儺」:

« 隆慶一郎「柳枝の剣」 | トップページ | リチャード・マシスン「おれの夢の女」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30