無料ブログはココログ

« 筒井康隆「ヤマザキ」 | トップページ | 森鴎外「うたかたの記」 »

森鴎外「魔睡」

あらすじ…法科大学教授・大川渉は、友人の医科大学教授・杉村茂から、妻を磯貝医師のところへ行かせるなとの警告を受ける。杉村が帰った後、既に帰宅していた妻の様子が変だったので事情を訊いてみると、妻は磯貝から魔睡術をかけられていたことがわかる。

 魔睡術とは、本書の注釈によると、「相手の意識を半覚半睡の状態に置き、施術者の暗示・命令に従わせる」(P199)とあり、催眠術の一種と言えるでしょう。
 それにしても、「魔睡術」とは実に中二病っぽいネーミングですな。
 ともあれ、そもそも大川が魔睡術を知るに至ったのは、こっくりさん→机叩き(table-lifting, table-turning)→降神術(Spiritismus)→魔睡術という変遷を辿ったからです。魔睡術自体は科学的なものであるとしても、そこには充分に魔術的・オカルト的な色彩が認められます(大川夫人にとっては、魔睡術は邪悪な魔法であり、それを使う磯貝は邪悪な魔術師だったでしょう)。

【参考文献】
『舞姫 ヰタ・セクスアリス 森鴎外全集1』筑摩書房

« 筒井康隆「ヤマザキ」 | トップページ | 森鴎外「うたかたの記」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44989877

この記事へのトラックバック一覧です: 森鴎外「魔睡」:

« 筒井康隆「ヤマザキ」 | トップページ | 森鴎外「うたかたの記」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31