無料ブログはココログ

« オガスト・ダーレス「もう一人の子供」 | トップページ | 隆慶一郎「柳枝の剣」 »

瀬戸内寂聴「妲妃のお百」

 瀬戸内寂聴が妲妃のお百を描いてみた作品。ただし、物語はお百が那珂采女に従って佐竹領久保田へ行く前、箱屋の茂助を殺したところで終えてしまい、後は大急ぎで巻きに入っています。
 物語が佳境に入る前に打ち切ってしまったのは、作者(瀬戸内寂聴)が「とうとうお百に人を殺させてしまった」(P243)ために心が折れた(これ以上書く気になれなくなった)からでしょうか。

 それはさておき、お百は今の言葉で言うなら肉食系女子。どうやら性欲も人一倍強い。

【参考文献】
新潮社編『歴史小説の世紀 地の巻』新潮社

« オガスト・ダーレス「もう一人の子供」 | トップページ | 隆慶一郎「柳枝の剣」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44957214

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内寂聴「妲妃のお百」:

« オガスト・ダーレス「もう一人の子供」 | トップページ | 隆慶一郎「柳枝の剣」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31