無料ブログはココログ

« 森鴎外「うたかたの記」 | トップページ | 中野京子『危険な世界史 運命の女篇』角川書店 »

中田薫・中筋純『廃墟本3』ミリオン出版

 前作『廃墟本2』、前々作『廃墟本』は未読。よって比較はできないのですが、本書は軍艦島(P128)やチルノブイリ(プリピァチ住宅群, P174)といった有名どころを押さえているのがポイント。
 それはさておき、池田湖イッシー王国(P152)なんかが出てくると、「ああ、そういえばイッシーいたなあ」などと思ったりします。もしもイッシーが実在するならまだ生きていてもおかしくないのですが、すっかり話題にならなくなって「消えた」わけですからねえ。

――イッシーが姿を消して18年。再びその出現で、町は活気を取り戻すことができるだろうか?(P157)

 まあ、出現すればそれなりに注目されるでしょうが、ヤラセがバレちまったら元も子もない。どうせ「出現」させるなら、原寸大(?)の模型を作って湖に浮かべるくらいはしないと。

【参考文献】
中田薫・中筋純『廃墟本3』ミリオン出版

« 森鴎外「うたかたの記」 | トップページ | 中野京子『危険な世界史 運命の女篇』角川書店 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44989908

この記事へのトラックバック一覧です: 中田薫・中筋純『廃墟本3』ミリオン出版:

« 森鴎外「うたかたの記」 | トップページ | 中野京子『危険な世界史 運命の女篇』角川書店 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30