無料ブログはココログ

« 仲村真一郎「砕かれた夢」 | トップページ | オガスト・ダーレス「もう一人の子供」 »

阿川弘之「野藤」

 徳川家の鷹匠・小林正之丞とその鷹・野藤の物語。
 時代劇で鷹匠というと権威を笠に着て悪事を働くというケースが多いのですが、小林もそんな悪党の一人。悪事のせいで最後は「御役御免」(P153)になるほどです。
 ただ、「人から上手に意地悪をされた事」(P156)といったエピソードを挟むなど、ややユーモラスなところがあります。それが作品の毒気を幾分か抜いているような気がしないでもない。

【参考文献】
新潮社編『歴史小説の世紀 地の巻』新潮社

« 仲村真一郎「砕かれた夢」 | トップページ | オガスト・ダーレス「もう一人の子供」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44957191

この記事へのトラックバック一覧です: 阿川弘之「野藤」:

« 仲村真一郎「砕かれた夢」 | トップページ | オガスト・ダーレス「もう一人の子供」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31