無料ブログはココログ

« 森鴎外「魔睡」 | トップページ | 中田薫・中筋純『廃墟本3』ミリオン出版 »

森鴎外「うたかたの記」

あらすじ…画家志望の日本人留学生・巨勢は、ミュンヘンの美術学校に入学し、そこのモデルをしている少女マリイと出会う。そして二人は湖でデートするが、そこへ狂王ルートヴィヒ2世が…。

 「うたかた」とは泡沫、水の泡のことで、最後の結末(ネタバレ防止のため伏せておきます)を考えると、儚くも泡と消えにし命かな、ですな。
 それはさておき、美術学校の試験に落ちたアドルフ・ヒトラーがもしもこれを読んだとしたら、どんな反応を示したでしょうか? マリイが酒席で巨勢の額にキスするところをとらえて、頽廃だ堕落だと罵るかもしれませんねえ。

【参考文献】
『舞姫 ヰタ・セクスアリス 森鴎外全集1』筑摩書房

« 森鴎外「魔睡」 | トップページ | 中田薫・中筋純『廃墟本3』ミリオン出版 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44989890

この記事へのトラックバック一覧です: 森鴎外「うたかたの記」:

« 森鴎外「魔睡」 | トップページ | 中田薫・中筋純『廃墟本3』ミリオン出版 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30