無料ブログはココログ

« 森鴎外「心中」 | トップページ | コナン・ドイル「いかにしてそれは起こったか」 »

森鴎外「流行」

あらすじ…とある紳士と会う夢を見る。その人物が使用したものは流行するという。

 夢オチ特定余裕でした。江戸川乱歩「火星の運河」ほど浮世離れしていませんが、それでも非現実感が冒頭から漂っています。
 それはさておき、この夢の中では流行の擬人化が登場し、使用人を毎日変えたり芸者が10人もやって来て給仕をしたりなど、流行の移り変わりの激しさを皮肉っているようです。
 もしもこの紳士が現在も生きているのだとしたら、今ごろはファストファッションに身を包み、モバゲー(モバイルゲーム)でもやっているんでしょうかねえ。「新しいアプリを次から次へとやらないといけないから、一々ルールを覚えるのが大変だよ」なんてぼやいたりして。

【参考文献】
森鴎外『灰燼/かのように 森鴎外全集3』筑摩書房

« 森鴎外「心中」 | トップページ | コナン・ドイル「いかにしてそれは起こったか」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/45156212

この記事へのトラックバック一覧です: 森鴎外「流行」:

« 森鴎外「心中」 | トップページ | コナン・ドイル「いかにしてそれは起こったか」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30