無料ブログはココログ

« オルダス・ハックスリー「ジョコンダの微笑」 | トップページ | 氏家琴子『三国志異聞 我、独り清めり 郭嘉物語』新風舎 »

エリザベス・ボウエン「幽鬼の恋人」

あらすじ…第二次世界大戦下のロンドン。疎開先から荷物を取りに来たミセス・ドローヴァーは、自宅のテーブルの上に自分宛の手紙が載っているのを発見する。それは、第一次世界大戦で死んだ元婚約者からの手紙だった。

 当時婚約者だったKが死んだのは第一次世界大戦と書きましたが、あらすじを書き上げてからちょっと読み返してみると、作品内では第一次世界大戦とは書いていませんね。でも、「フランス戦線」「一九一六年頃」(いずれもP252)と出てくることから、やっぱり第一次世界大戦と見ていいでしょう。
 で、物語の舞台はその「二十五年」(P252)だから、物語の「現在」は一九四一年。第二次世界大戦の真っ最中ですな。

 ちなみに本作の原題は「Demon Lover」。GhostじゃなくてDemonです。Ghostなら死んだ人間がなるものですが、Demonは悪魔と訳されることがあり、元々人間じゃない。だとするとKも…。

【参考文献】
小野寺健編訳『20世紀イギリス短編選(上)』岩波書店

« オルダス・ハックスリー「ジョコンダの微笑」 | トップページ | 氏家琴子『三国志異聞 我、独り清めり 郭嘉物語』新風舎 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44676817

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス・ボウエン「幽鬼の恋人」:

« オルダス・ハックスリー「ジョコンダの微笑」 | トップページ | 氏家琴子『三国志異聞 我、独り清めり 郭嘉物語』新風舎 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30