無料ブログはココログ

« 那須正幹「まぼろしの町」 | トップページ | 芦川淳一「サムライ・ザ・リッパー」 »

丸亭素人「化物屋敷」

あらすじ…田舎の借家に引っ越したら夜な夜な怪異が起こるでござる。

 ストーリーはよくあるホラーもので、これといって目新しいものではありません。
 ただ、「木武留商会(きぶるしょうかい)」など妙にバタ臭い名前が出てくるなと思っていたら、巻末の解説によると本作は丸亭素人の訳したもので、原作は不明とのこと。推測するに、木武留商会は原作に登場する名称をもじったものでしょう。
 そこで、本作に登場する人物名や地名などが、原作では何だったのか推測してみることにします。ただ、肝心の原作が不明なので確かめようがありませんが…。

瀬川浅治(せがわあさじ)→アーサー・セーガン
竜動(ろんどん)→ロンドン
桃洲村(ももすむら)→モース村
宇井川(ういがわ)→ウィー川
木武留商会(きぶるしょうかい)→キーブル商会

 とまあ、こんなもんですかね。ちなみに池尻やお善、栗田さん森川さん等は、しっくり来るのが思い浮かびませんでした。

【参考文献】
『傑作短篇集 明治探偵冒険小説集4 露伴から谷崎まで』筑摩書房

« 那須正幹「まぼろしの町」 | トップページ | 芦川淳一「サムライ・ザ・リッパー」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44679991

この記事へのトラックバック一覧です: 丸亭素人「化物屋敷」:

« 那須正幹「まぼろしの町」 | トップページ | 芦川淳一「サムライ・ザ・リッパー」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30