無料ブログはココログ

« 坂口安吾「梟雄」 | トップページ | 森鴎外「有楽門」 »

エイヴラム・デイヴィッドスン「エステルはどこ?」

あらすじ…西インド諸島出身の家政婦クイーン・エステルは、ブードゥー教の魔術を使って、口やかましい雇い主の夫人を殺す。

 エステルはシガレットケースの中にダッピー(※)なるものを入れています。どうやらこれが、彼女の使い魔のようです。
 日本には行者が管(くだ)の中に管狐(くだぎつね)を入れて使役するという話がありますが、それと似ているといえば似ていますな。

※本書の説明文によると、ダッピーとは「西インド諸島に伝えられる幽霊の魂、死者にとりついた魂」(P78)とのこと。

【参考文献】
仁賀克雄・編『幻想と怪奇 おれの夢の女』早川書房

« 坂口安吾「梟雄」 | トップページ | 森鴎外「有楽門」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44774892

この記事へのトラックバック一覧です: エイヴラム・デイヴィッドスン「エステルはどこ?」:

« 坂口安吾「梟雄」 | トップページ | 森鴎外「有楽門」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31