無料ブログはココログ

« 幸田露伴「あやしやな」 | トップページ | 丸亭素人「化物屋敷」 »

那須正幹「まぼろしの町」

あらすじ…中学生の少年がふとしたきっかけで10年前に自分が住んでいた地へ行く。

 主人公の少年が「まぼろしの町」にトリップしています。
 移動手段に使われた「バスには、ほかに乗客はいなかった」(P166)とあるし、着いたら着いたで「ねこの子一ぴき見あたらない」(P166)、しかも子供たちの歌声は聞こえてくるけどこれも見当たらない(P168)など、非実在感をプンプンと匂わせています。
 ともあれ、帰ってくることができてよかったですね。あの時に子供と一緒に家に入っていたらと思うと…。

【参考文献】
講談社文芸文庫 編『日本の童話名作選 現代編』講談社

« 幸田露伴「あやしやな」 | トップページ | 丸亭素人「化物屋敷」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44679980

この記事へのトラックバック一覧です: 那須正幹「まぼろしの町」:

« 幸田露伴「あやしやな」 | トップページ | 丸亭素人「化物屋敷」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30