無料ブログはココログ

« コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」 | トップページ | コナン・ドイル「消えた臨時列車」 »

コナン・ドイル「まだらの紐――シャーロック・ホームズの冒険」

 「まだらの紐」の戯曲版。小説版との違いは執事や家政婦などの使用人がいることやジプシーの一団がいないことなどが挙げられますが、何よりも大きいのはイーニッドの姉ヴァイオレットの検死審問から始まるということです。これによって、犯罪の奥行きを増しているようです。
 又、「犯人は二人」の恐喝王ミルヴァートンがチョイ役で登場します。ストーリーの本筋とは関係ないので、ファンへのサービスカットといったところでしょうか。ミルヴァートンは「最後の事件」のモリアーティ教授や「ボヘミアの醜聞」のアイリーン・アドラーほど人気はないものの、それなりにキャラが立っていますからね。

【参考文献】
コナン・ドイル『まだらの紐 ドイル傑作集1』東京創元社

« コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」 | トップページ | コナン・ドイル「消えた臨時列車」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44662149

この記事へのトラックバック一覧です: コナン・ドイル「まだらの紐――シャーロック・ホームズの冒険」:

« コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」 | トップページ | コナン・ドイル「消えた臨時列車」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31