無料ブログはココログ

« リチャード・マシスン「こおろぎ」 | トップページ | コナン・ドイル「まだらの紐――シャーロック・ホームズの冒険」 »

コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」

あらすじ…ある日の朝、ワトスンがホームズの推理法を使ってホームズの状態を推理してみせる。

 シャーロック・ホームズ譚のショート・ショート。「競技場バザー」よりも短いです。
 で、今回のワトスンは推理をことごとく外して道化役を演じる羽目に陥っています。おいおい、ホームズが「投機に入れ込んでる」(P181)という推理なんておかしいですよ。ホームズと長らく同居していれば、ホームズが資産運用に興味がないことぐらいわかるでしょうに。

【参考文献】
コナン・ドイル『まだらの紐 ドイル傑作集1』東京創元社

« リチャード・マシスン「こおろぎ」 | トップページ | コナン・ドイル「まだらの紐――シャーロック・ホームズの冒険」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44233635

この記事へのトラックバック一覧です: コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」:

« リチャード・マシスン「こおろぎ」 | トップページ | コナン・ドイル「まだらの紐――シャーロック・ホームズの冒険」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31