無料ブログはココログ

« コナン・ドイル「競技場バザー」 | トップページ | コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」 »

リチャード・マシスン「こおろぎ」

あらすじ…コオロギの翅の音が実は暗号で、死者の名前だと気付いた男が、コオロギの大群に襲われて死ぬ。

 どんな暗号が使われているのかというと、

「トン、トンツートン、トントンツートン……」(P16)

 モールス信号かよ! まあ、たしかにモールス信号はわからない人にはわからないから、暗号の一種といえますけど。だけどコオロギがそんなの使うんでしょうかねえ。コオロギならコオロギ独自の暗号を使えば解読される危険が減るでしょうに。

【参考文献】
仁賀克雄・編『幻想と怪奇 宇宙怪獣現わる』早川書房

« コナン・ドイル「競技場バザー」 | トップページ | コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/44233626

この記事へのトラックバック一覧です: リチャード・マシスン「こおろぎ」:

« コナン・ドイル「競技場バザー」 | トップページ | コナン・ドイル「ワトスンの推理法修行」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31