無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「仮面の恐怖王」 | トップページ | 江戸川乱歩「鉄人Q」 »

江戸川乱歩「電人M」

あらすじ…火星人と電人Mがあらわれた!

 P284-288に、二十面相の部下たちが盗んだお宝を二十面相のもとへ持って行くシーンが描写されているのですが、それがすごい。「すばらしい真珠の首かざり」(P284)、「雪舟の絵」(P285)、「いわれのある名刀、小さい金銅の仏像、ゆびわのいっぱいはいった、うつくしい宝石箱、西洋の有名な画家の油絵など」(P288)が、たった一日のうちに二十面相のものになっています。
 いくらなんでも警備が緩すぎるだろ、どこもかしこも。誰か一人くらい捕まえろよ。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第22巻 ぺてん師と空気男』光文社

« 江戸川乱歩「仮面の恐怖王」 | トップページ | 江戸川乱歩「鉄人Q」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43822425

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「電人M」:

« 江戸川乱歩「仮面の恐怖王」 | トップページ | 江戸川乱歩「鉄人Q」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31