無料ブログはココログ

« 城昌幸「人花」 | トップページ | 和田竜『小太郎の左腕』小学館 »

三島由紀夫「復讐」

 玄武という老人の影におびえる一家の物語。

 どうにも歪(いびつ)な感じのする家族だな…と思いながら読み進めていると、最後の方で倉谷玄武の脅迫状が登場して、なぜ彼らがおびえているのかが明らかになります。
 その中に「俺の愛する息子に戦犯の罪をなすりつけ」(P349)とあり、このあたりは終戦からさほど経っていないことを感じさせます。

【参考文献】
紀田順一郎/東雅夫=編『日本怪奇小説傑作集2』創元社

« 城昌幸「人花」 | トップページ | 和田竜『小太郎の左腕』小学館 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫「復讐」:

« 城昌幸「人花」 | トップページ | 和田竜『小太郎の左腕』小学館 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30