無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「夜光人間」 | トップページ | 江戸川乱歩「ふしぎな人」 »

江戸川乱歩「搭上の奇術師」

あらすじ…淡谷庄二郎の宝石を怪人四十面相が狙う。

 犯行予告の電話を受けた淡谷氏が、

「わかった。きみは予告の盗賊というわけだね。だが、いったいきみはだれた。予告するほどの勇気があるなら、名まえをいってもいいだろう。だいいち、名もなのらないというのは、礼儀ではなかろう」(P356)

 と説き、犯人はあっさり正体を明かした次第です。
 それにしても、こんなにあっさりバラしちゃっていいんだろうか? 相手が二十面相(四十面相)だと知れたら明智小五郎か小林少年が来ちゃうのに…。
 まあ、たとえ明智らの活躍でつかまっても、次の連載が始まる頃にはとっくに脱獄してるんだから別にいいか。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第21巻 ふしぎな人』光文社

« 江戸川乱歩「夜光人間」 | トップページ | 江戸川乱歩「ふしぎな人」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43822337

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「搭上の奇術師」:

« 江戸川乱歩「夜光人間」 | トップページ | 江戸川乱歩「ふしぎな人」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30