無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「かいじん二十めんそう」(たのしい二年生版) | トップページ | 江戸川乱歩「仮面の恐怖王」 »

江戸川乱歩「かいじん二十めんそう」(たのしい一年生版)

あらすじ…ある日、ポケット小僧は、洋館から少女の悲鳴が聞こえてきたので、洋館に潜入する。

 このあと色々あって、ポケット小僧は二十面相に捕まり、洋館に一室に閉じ込められるのですが…。

 しばらくすると、ぽけっとこぞうは、むっくりとおきあありました。まどからでて、となりのまどのしたへいき、なかへはいっていきました。(P616)

 え!? 窓に鉄格子とか付いてないんですか? しかも、隣の窓には鍵もかかっていないようです。いくらなんでも油断しすぎでしょ。
 ちなみにこの後、富士山や東京タワー、お台場、鎌倉の大船観音と、これらの地をさながら観光するかのごとく大捕物が展開されます。
 二十面相も往生際が悪いですねえ。どうせ捕まってもすぐに脱獄できるんだから、そこまで逃げ回らなくてもいいのに。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第21巻 ふしぎな人』光文社

« 江戸川乱歩「かいじん二十めんそう」(たのしい二年生版) | トップページ | 江戸川乱歩「仮面の恐怖王」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43822391

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「かいじん二十めんそう」(たのしい一年生版):

« 江戸川乱歩「かいじん二十めんそう」(たのしい二年生版) | トップページ | 江戸川乱歩「仮面の恐怖王」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31