無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー「二重の手がかり」 | トップページ | 江戸川乱歩「まほうやしき」 »

江戸川乱歩「堀越捜査一課長殿」

あらすじ…警視庁捜査一課の堀越氏のもとに、異様な封書が届く。それは、5年前の東和銀行盗難事件の真相を告白したものだった。

 大人向けの短篇作品。
 P68の「自作解説」によると、「トリックに新味がなく、失敗の作であった」と述べていますが、確かにその通り。とはいえ、トリックの使い回しはよくあること(江戸川乱歩作品では珍しくない)で、それ以外の部分で面白味を持たせられるかということも重要です。
 さて、それでは本作の面白味はというと…。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第20巻 堀越捜査一課長殿』光文社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« アガサ・クリスティー「二重の手がかり」 | トップページ | 江戸川乱歩「まほうやしき」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43443633

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「堀越捜査一課長殿」:

« アガサ・クリスティー「二重の手がかり」 | トップページ | 江戸川乱歩「まほうやしき」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31