無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「妖人ゴング」 | トップページ | ポール・ドハティー『赤き死の訪れ』創元社 »

江戸川乱歩「魔法人形」

あらすじ…JS誘拐・監禁。

 今作からポケット小僧が登場。
 本文中に「これまでにも、いろいろ手がらをたてたことがあります」(P313)とありますが、巻末の註釈によると「それらの実績は発表されておらず、ポケット小僧はこれが初登場である」(P603)とのこと。
 井上一郎や野呂一平、花崎マユミよりもデビューが遅く、しかもチンピラ別働隊が結成されてだいぶ経ってから名前が出てきているので、ポケット小僧は遅咲きのキャラといえます。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第20巻 堀越捜査一課長殿』光文社

« 江戸川乱歩「妖人ゴング」 | トップページ | ポール・ドハティー『赤き死の訪れ』創元社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43576169

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「魔法人形」:

« 江戸川乱歩「妖人ゴング」 | トップページ | ポール・ドハティー『赤き死の訪れ』創元社 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31