無料ブログはココログ

« 森鴎外「里芋の芽と不動の目」 | トップページ | 森鴎外「普請中」 »

森鴎外「食堂」

あらすじ…役所の食堂で3人の役人が、大逆事件(幸徳事件)を皮切りに無政府主義者たちについて語る。

 3人のうちの木村という男が講釈を垂れてくれているのですが、事前の準備も資料も一切なく、よくこんなにスラスラと言えたものだと感心してしまいます。講釈の中味は本作をお読みくださいとしか言えませんが、

「君馬鹿に精しいね」と、犬塚が冷かした。(P168)

 という一文が出るのも納得です。ひょっとして木村は…。

【参考文献】
『森鴎外全集2 普請中/青年』筑摩書房

« 森鴎外「里芋の芽と不動の目」 | トップページ | 森鴎外「普請中」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43338737

この記事へのトラックバック一覧です: 森鴎外「食堂」:

« 森鴎外「里芋の芽と不動の目」 | トップページ | 森鴎外「普請中」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31