無料ブログはココログ

« ていちゃんカフェ | トップページ | Close Up! BOAT RACE »

佐藤賢一『カエサルを撃て』中央公論新社

あらすじ…ガリアの王ウェルキンゲトリクス(ヴェルチンジェトリクス)とユリウス・カエサルが戦う。

 ヴェルチンジェトリクスが「美しくも残忍な若者」(裏表紙の紹介文より)として描かれているのに対し、ユリウス・カエサルは劣等感コンプレックスの塊として描かれています。でも、ポンペイウスに対して劣等感を抱くならまだしも(ルビコン前の当時は ポンペイウス>カエサル だった)、ヴェルチンジェトリクスにそこまで劣等感を抱かなくてもいいんじゃないかと思うくらいです。
 それに、ハゲは…まあいいか。

« ていちゃんカフェ | トップページ | Close Up! BOAT RACE »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43576248

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤賢一『カエサルを撃て』中央公論新社:

« ていちゃんカフェ | トップページ | Close Up! BOAT RACE »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30