無料ブログはココログ

« 森鴎外「普請中」 | トップページ | 初めての場所へ行くとき »

森鴎外「桟橋」

あらすじ…伯爵夫人が夫を桟橋まで見送る。

 「桟橋が長い長い。」という一文が短い物語の中に繰り返し登場します。数えてみたら7ページの中に5回も出てきました。
 これによって、作品が一種のメロディを帯びたようになり、淡々とした表現とあいまって独特の雰囲気を漂わせています。
 レビューが短い短い。

【参考文献】
『森鴎外全集2 普請中/青年』筑摩書房

« 森鴎外「普請中」 | トップページ | 初めての場所へ行くとき »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43338745

この記事へのトラックバック一覧です: 森鴎外「桟橋」:

« 森鴎外「普請中」 | トップページ | 初めての場所へ行くとき »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31