無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー「教会で死んだ男」 | トップページ | 江戸川乱歩「堀越捜査一課長殿」 »

アガサ・クリスティー「二重の手がかり」

あらすじ…ハードマン氏の宝石が盗まれた。ポアロが金庫を調べてみると、男ものの手袋とシガレットケースという「二重の手がかり」が出てくる。

 このテのあからさまな「手がかり」は、犯人が他者をハメるため(と同時に自分に嫌疑がかからないようにするため)に置いたものであったりするので、そのまま鵜呑みにするわけにはいきません。特に、アガサ・クリスティーのような作者がいる場合は。

【参考文献】
アガサ・クリスティー『教会で死んだ男』早川書房

« アガサ・クリスティー「教会で死んだ男」 | トップページ | 江戸川乱歩「堀越捜査一課長殿」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43443623

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー「二重の手がかり」:

« アガサ・クリスティー「教会で死んだ男」 | トップページ | 江戸川乱歩「堀越捜査一課長殿」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31