無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「黄金豹」 | トップページ | ベルトルト・ブレヒト『三文オペラ』長崎出版 »

江戸川乱歩「天空の魔人」

あらすじ…少年探偵団の小林芳雄、井上一郎、野呂一平の3人が長野県の温泉へ行く。折しもその近辺では巨人の手が出没して悪さをするという事件が続発していた。

 今回は少年探偵団シリーズでは珍しく、二十面相も明智小五郎も登場しません。少年3人(と警察)だけで解決しているところを見ると、今作の犯人はさほどの強敵ではなかったということなのでしょう。
 それにしても、たまたま行った旅行先で、名探偵の謎解きを必要とする難事件に巻き込まれる…って、それ何て名探偵コナン?

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第19巻 十字路』光文社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« 江戸川乱歩「黄金豹」 | トップページ | ベルトルト・ブレヒト『三文オペラ』長崎出版 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43175227

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「天空の魔人」:

« 江戸川乱歩「黄金豹」 | トップページ | ベルトルト・ブレヒト『三文オペラ』長崎出版 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30