無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「黄金の虎」 | トップページ | アガサ・クリスティー「バグダッドの大櫃の謎」 »

アガサ・クリスティー「クリスマスの冒険」

あらすじ…エミリーおばさんが主催する、クリスマスのハウスパーティーに名探偵エルキュール・ポアロが参加していた。

「ポアロさんだけど、そもそもここでなにをしているのか、って」(P99)

 登場人物の一人のセリフで気付きました。ポアロが来ているのは犯罪絡みで内偵中なんだということを。
 とはいえ、読者はここで起こる事件の犯人を推理する必要はありません。ポアロがなぜ来たのかだって最後の種明かしでわかることですし、そもそもじっくり推理するほど長い話ではないからです。

【参考文献】
アガサ・クリスティー『マン島の黄金 クリスティー最後の贈り物』早川書房

« 江戸川乱歩「黄金の虎」 | トップページ | アガサ・クリスティー「バグダッドの大櫃の謎」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/43005623

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー「クリスマスの冒険」:

« 江戸川乱歩「黄金の虎」 | トップページ | アガサ・クリスティー「バグダッドの大櫃の謎」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31