無料ブログはココログ

« 江戸川乱歩「新宝島」 | トップページ | 藤村幸義『老いはじめた中国』アスキー »

江戸川乱歩「智恵の一太郎」

 江戸川乱歩が戦争中に「小松竜之介」の変名で書いたもの。
 一太郎という少年が知恵を使って日常の小さな問題を解決したり、大人から虫の雑学を教わったり、工場見学したり…。ともかくも一話読み切りなので、どの話から読み始めても差し支えありません。
 尚、「智恵の一太郎」は少年向けの教育的な作品であるため、犯罪もエログロ描写も一切ありません。又、謎解きも単純なものばかり(これだけ短いと複雑なものは無理)。正直言って、江戸川乱歩の作品として読むとつまらないです。
 ちなみに、最後の工場見学記(P322-330)はプロパガンダ色が強い。アッツ島玉砕を聞いて一太郎が涙を流す(P322)くだりは、彼が軍国少年として成長していることを如実に表わしています。

【参考文献】
『江戸川乱歩全集 第14巻 新宝島』光文社

新宝島―江戸川乱歩全集〈第14巻〉 (光文社文庫) Book 新宝島―江戸川乱歩全集〈第14巻〉 (光文社文庫)

著者:江戸川 乱歩
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 江戸川乱歩「新宝島」 | トップページ | 藤村幸義『老いはじめた中国』アスキー »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/42617374

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩「智恵の一太郎」:

« 江戸川乱歩「新宝島」 | トップページ | 藤村幸義『老いはじめた中国』アスキー »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31